[移籍] モデルのMALIAと結婚の横浜FM佐藤、新潟に期限付き移籍! 

今季はわずか1試合の出場

今季はわずか1試合の出場

新たな舞台を選んだ佐藤 photo/Getty Images

今年元日にモデルのMALIAとの結婚を発表したことでも話題となった横浜F・マリノスの佐藤優平(24)が、J1アルビレックス新潟に期限付き移籍する。クラブが公式サイトで発表した。移籍期間は2016年1月31日まで。なお、同選手は今季公式戦にて、横浜FMとの試合には出場できない。

神奈川県出身の佐藤は、横浜FMの下部組織から国士舘大学に進学。2013年、同クラブに入団すると、1年目からJ1リーグ戦11試合に出場、2014年には16試合に出場した。しかし今季は1stステージ初戦で途中出場したのを最後に、リーグ戦での出場機会を失っていた。

佐藤はクラブを通じて「期限付き移籍でアルビレックス新潟に移籍することになりました。プライマリーからF・マリノスでプレイしてきた僕にとって、この決断は自分自身の新しい挑戦になります。環境を変え、さらに成長出来るように頑張りたいと思います」また、アルビレックス新潟の公式サイトでは「このたび、横浜F・マリノスから期限付き移籍することになりました佐藤優平です。1日も早くチームに馴染み、アルビレックス新潟のサッカーを理解して勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。アルビレックス新潟サポーターの皆さん、よろしくお願いします」と決意を語っている。

現在新潟は、年間総合17位と低迷、しかし19日には鳥栖を相手に2ndステージ初勝利を収めた。豊富な運動量を持ち味とする佐藤を中盤に加え、リーグ後半戦、さらなる巻き返しをはかる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ