アーセナルGKシュチェスニー、ローマへのレンタル近づく

完全移籍のオプションも

完全移籍のオプションも

アジアツアーには帯同した photo/Getty Images

今季の出場機会が危ぶまれるアーセナルGKヴォイチェフ・シュチェスニーだが、ローマへのローン移籍の話がまとまりつつあるようだ。

イタリア『スカイ』によると、完全移籍のオプション付きの1年間ローンで、すでに個人合意には達していると報じられている。その他、英『デイリー・ミラー』なども報じている。

今夏チェルシーからペトル・チェフを獲得し、一気にGKの層が厚くなったアーセナル。昨季正GKを務めたコロンビア代表ダビド・オスピナの存在もあり、シュチェスニーが出場機会を得るのは難しいと考えられていた。オランダのアヤックスが獲得を狙っているとの報もあったが、現在はローマ移籍に傾いている様子。

シュチェスニーは昨年いっぱいまで正GKとしてアーセナルのゴールマウスを守っていたが、元日のサウサンプトン戦でまずいパフォーマンスを披露したうえ、シャワールームでの喫煙が発覚。正GKの座を降ろされていた。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ