チェルシーのフィリペ・ルイス、アトレティコ・マドリードへ復帰か

一年ぶりにリーガ復帰か

一年ぶりにリーガ復帰か

ブラジル代表DFのフィリペ・ルイス photo/Getty Images

ブラジル代表DFフィリペ・ルイスが、プレミアリーグのチェルシーからリーガ・エスパニョーラのアトレティコ・マドリードへ移籍することに、クラブ間で合意したという。

『マルカ』によると、フィリペ・ルイスとアトレティコは3シーズンの契約を結ぶ。また、移籍金としてアトレティコはチェルシーに1600万ユーロを支払い、この移籍でアトレティコは強力な左サイドバックを獲得すると伝えている。

現在29歳のブラジル代表DFフィリペ・ルイスは、2003年にブラジルのフィゲイレンセFCでトップチームデビューを果たす。2004-05シーズンにアヤックスに移籍し、レアル・マドリード・カスティージャ、デポルティーボ・ラ・コルーニャを経て、2010年にアトレティコ・マドリードへ。その後、2014年にチェルシーへ移籍。2000万ユーロで加入したものの、2014-15シーズンは出場機会に恵まれず、リーグ戦では15試合に出場、カップ戦で11試合に出場した。

インテルもフィリペ・ルイスの獲得に乗り出していると報じられていたが、スペインに戻り、リーガ・エスパニョーラ復帰を果たす見込みだという。

 

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ