退団の噂もファルファンはシャルケでの新シーズンに前向き

コパ参加によって現在はオフ

コパ参加によって現在はオフ

ジェフェルソン・ファルファン photo/Getty Images

去就に注目の集まるペルー代表FWジェフェルソン・ファルファンだが、本人はあくまでも新シーズンをシャルケの一員として過ごすことを考えているようだ。

独メディアが伝えているところでは、UAEの強豪クラブ、アルジャジーラ・クラブがファルファン獲得に動いており、年俸15億円の3年契約オファーを提示し、間もなく合意に至るということだった。

中東行きが濃厚視されるファルファンだが、16日に自身のフェイスブックを更新し、新シーズンに向けたシャルケのトレーニングに前向きな姿勢を見せていることを明かす。

「シャルケから連絡が来て、7月24日にドイツに来るようにだってさ。トレーニングに参加するためにね」

現在コパ・アメリカ参加による休暇中のファルファンはその中でシャルケを「僕のクラブ」と表現し、新シーズンをシャルケで過ごすことに意欲を見せている。右サイドにインテルからスイス代表FWジェルダン・シャキリが加入するのではないかという報道もあるため、新シーズンの自身の立場は不明瞭な状況だが、果たして30歳のペルー人ウィンガーはどのような決断をすることになるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ