注目! 世界王者ドイツ代表を支える美しき女性たち

トップアスリートから主婦まで

トップアスリートから主婦まで

バイエルンの恒例行事、オクトーバーフェストに参加するラーム一家 photo/Getty Images

サッカー選手のガールフレンド、夫人というとショービズ界で注目される美人モデルがイメージされるが、昨年のW杯を制したドイツ代表は実にバラエティ豊かだ。独『ビルト』はその魅力的な女性たちを7人ピックアップし、紹介している。以降、4つのタイプ別に見ていきたい。

タイプ其の壱【ピュア! 学生時代からの交際】

DFベネディクト・ヘーヴェデスのリサ夫人、そしてキャプテンのフィリップ・ラームのクラウディア夫人はギムナジウム(日本の中高一貫校に該当)時代からの交際を経て、結婚に至っている。長年の付き合いがあるからこそ、固い信頼関係があるのだろう。

アナ・イヴァノヴィッチさん。その身長はシュヴァインシュタイガーよりも3cm高い186cm! photo/Getty Images

タイプ其の弐【バリバリ! トップアスリート】

サッカー選手のパートナーには他のスポーツで活躍するトップアスリートがしばしば見られる。お互いに選手であるからこそ、互いの苦労や悩みを理解し、支えあうことが出来るのだろう。バスティアン・シュヴァインシュタイガーのガールフレンド、アナ・イヴァノヴィッチは2008年にシングルス世界ランキング1位に輝いたこともあるセルビアのテニス界をリードする選手だ。

クローゼがバイエルン在籍時代にオクトーバーフェストで撮影した一枚。民族衣装が似合ってる! photo/Getty Images

タイプ其の参【選手の理想!? 家庭を取り仕切る”カーチャン”】

2002年の日韓大会から昨年のブラジル大会まで4大会連続出場を果たし、W杯の通算最多得点記録(16点)を保持するFWミロスラフ・クローゼの息の長い活躍はシルヴィア夫人抜きには考えられなかったかもしれない。シルヴィア夫人、そしてFWルーカス・ポドルスキのモニカ夫人は夫の食生活をはじめ、生活を徹底的にサポートし、選手生活を支えている。クローゼやポドルスキの活躍の背景には彼女たちの貢献があるに違いない。

ゲッツェ(写真右)とカトリン(写真左)さん。シックに決まってる! photo/Getty Images

タイプ其の四【美男美女! モデルの彼女】

華やかなスポーツ選手と見目麗しきファッションモデルの交際は古今東西を問わず、ゴシップ誌の表紙を彩り、人々の注目を集めてきた。ドイツ代表きっての男前で知られるDFマッツ・フンメルスは先月、7年の交際を経てモデルのキャシー・フィッシャーさんとゴールインを果たし、きっと多くの女性ファンを悲しませたに違いない。しかし、キャシーさんはフンメルスがまだトップスターではなかった、バイエルン時代から交際し、ドルトムントでスターダムを駆け上がっていくのをずっと見守っていた芯のある女性。きっとこれからもフンメルスを支えていくに違いない。

もう一人ご紹介するのはマリオ・ゲッツェのガールフレンド、アン・カトリン・ブレンメルさん。ゲッツェがドルトムントに在籍していた2012年にクラブで知り合い、交際をスタートしたという。ドイツの若手スター選手とトップモデルの交際は、当時大きな話題となった。W杯決勝のアルゼンチン戦で決勝ゴールを挙げるなど、そのビッグタレントぶりを発揮したゲッツェだが、その後のバイエルンでのシーズンでは低調なパフォーマンスに終始。今こそ真価が問われている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ