ヴェンゲル、昨シーズンにサプライズを起こした2名を振り返る「計画に入っていなかった」

ファン・ペルシーのトルコ移籍にも言及

ファン・ペルシーのトルコ移籍にも言及

右サイドバックとしてチャンスをつかんだベジェリン photo/Getty Images

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、昨シーズンブレイクしたMFフランシス・コクランとDFエクトル・ベジェリンにとって、新シーズンは勝負の年になると考えているようだ。

『スカイ・スポーツ』によるとヴェンゲル監督は、コクランとベジェリンがこれほど活躍するとは想定していなかったという。

「ベジェリンとコクランは、昨シーズンの計画には入っていなかった選手だ。彼らはよいパフォーマンスを見せたが、今シーズンも同じようにパフォーマンスすることは非常に困難だと思う。彼らにとって勝負の年となるだろう。ただし、20歳のベジェリンは非常に成熟した。私は彼が再び良いシーズンを送ってくれると確信しているよ」

またヴェンゲル監督は、FWロビン・ファン・ペルシーをフェネルバフチェへ放出したマンUの考えが分からないとコメントしている。

「彼はまだ偉大なサッカー選手で、彼の放出はプレミアリーグにとって大きな損失だよ。彼は私がこれまで指導してきた選手の中でも最高クラスの技術を持った選手だった。私はマンUに何が起きたのか分からないが、彼がマンUを去ったことは大きな損失だよ」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ