[移籍]アトレティコ、ポルトから3季連続得点王のJ・マルティネス獲得

アトレティコ史上2番目に高額な移籍金

アトレティコ史上2番目に高額な移籍金

昨シーズンはポルトで活躍したJ・マルティネス photo/Getty Images

リーガ・エスパニョーラのアトレティコ・マドリードは、ポルトからコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスを獲得したと、クラブ公式サイトで正式発表した。

『アス』によると、2019年までの4年契約。移籍金額は公表されていないものの、3675万ユーロになり、アトレティコが選手獲得に要した移籍金で歴代2番目に高価な価格だという。

アトレティコ・マドリードのスポーツ・ディレクター、ホセ・ルイス・ペレス氏は「契約を結ぶことができて喜ばしく思う。彼はペナルティエリア内に素早く侵入し、ゴールを奪う力を持ったストライカーだ。背が高く空中戦も強く、左右どちらでもシュートを打てるポテンシャルがある。彼の存在はチームのレベルを上げると確信しており、昨シーズンのチャンピオンズリーグのような活躍を期待したい」とコメントしている。

現在28歳のジャクソン・マルティネスは2014-15シーズンにポルトでプレイ。3シーズン連続でプリメイラ・リーガ得点王を獲得し、UEFAチャンピオンズリーグでは自己最多の7ゴールを挙げた。ポルトに在籍した3年間で90試合に出場し、66得点を記録した。

コロンビア代表としても活躍し、2014年ブラジルワールドカップでは日本戦で2得点を奪取。6月にチリで行われたコパ・アメリカでも3試合に出場した。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ