リベルタドーレス杯準決勝、インテルナシオナルがティグレスに競り勝つ

前半で勝負あり

前半で勝負あり

先制点を奪ったインテルナシオナルMFダレッサンドロ photo/Getty Images

現地時間15日、コパ・リベルタドーレス準決勝1stレグが行われ、同大会を2度制した経験を持つインテルナシオナルはティグレス(メキシコ)と対戦し、2-1で勝利した。

試合は開始早々に動く。5分、インテルナシオナルによる前線からの守備に対応できず、ティグレスMFがパスミス。この隙を逃さず、ゴール前にこぼれたボールを元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロが左足を振り抜いてネットを揺らし、先制ゴールを奪取する。さらに5分後、20歳のMFバルディビアの放ったシュートがティグレスDFに当たりボールの軌道が変わり、GKの頭上を越えてネットに吸い込まれた。本拠地で戦うインテルナシオナルが追加点を挙げた。

序盤に2点をリードしたインテルナシオナルだったが、23分ティグレスMFラファエウ・ソビスによる左サイドからのクロスを、DFウーゴ・アヤラがヘディングで合わせて1点を返す。そのまま試合は終了し、2-1でインテルナシオナルが逃げきった。

2ndレグは現地時間22日に行う予定となり、1stレグを制したインテルナシオナルはティグレスの本拠地へ乗り込む。

[スコア]
インテルナシオナル 2-1 ティグレス

[得点者]
インテルナシオナル:ダレッサンドロ(5)、バルディビア(10)
ティグレス:ウーゴ・アヤラ(23)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ