ピルロの背番号21を受け継いだディバラ「偉大な選手が付けていたから選んだ」

入団会見で意気込み語る

入団会見で意気込み語る

ブレイクを果たしたディバラ photo/Getty Images

今夏パレルモからユヴェントスへ移籍したFWパウロ・ディバラは14日に入団会見を行った。

ユヴェントスと5年契約を結んだディバラは、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンや今夏に退団したMFアンドレア・ピルロが付けた背番号21を継承することになっている。このことについてディバラは光栄だとコメントし、ユヴェントスでのプレイを楽しみにしていると語っている。会見の模様を『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。

「今回の移籍は僕がさらに成長し、偉大な選手になるための大きな1歩だ。ユヴェントスが僕を獲得するために巨額を投資してくれたのはとても嬉しかったよ。昨シーズンのユヴェントスは本当に素晴らしい成績だった。チャンピオンズリーグでは優勝を逃したけど、今シーズンはさらに良い成績を残せるはずだよ」

「僕はこれまで背番号10とか9が好きだった。ポジションもトップ下などが多かったからね。僕のアイドルはリケルメとロナウジーニョだったし、彼らと同じ位置でのプレイが好きなんだ。でもユヴェントスの21番はこれまで数多くの偉大な選手が付けた番号でもある。だから21番を選択させてもらったんだ」

またディバラはザザやマンジュキッチといった前線の選手とのポジション争いについても意気込みを示している。

「僕はトップ下でも最前線でもプレイできる。ユヴェントスではリーグ戦の他にもチャンピオンズリーグなどがあるし、FW陣には均等にチャンスが回ってくるんじゃないかな。僕にはここで成功したいという願いがあるし、ピッチ上で実力を証明したいと思っている」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ