マンチェスター・シティが用意した、スターリングの待遇が破格すぎる!

ペジェグリーニ「スターリングは世界一のアタッカーの一人」

ペジェグリーニ「スターリングは世界一のアタッカーの一人」

若手選手としては異例の待遇といえる photo/Getty Images

4900万ポンドという高額移籍金で、ついにマンチェスター・シティへの移籍を果たしたラヒーム・スターリング。これはイングランド人選手としては史上最高額の取引であり、払い過ぎなのではないか?との声も多い。だが、ペジェグリーニ監督は、彼を非常に高く評価しているようだ。

「ラヒーム・スターリングは世界一のアタッカーの一人だ。今週のオーストラリアツアーでスカッドに加わることを、とても楽しみにしている。若いプレイヤーだが、実に傑出した能力を持っている。シティのファンをエキサイトさせ、喜んでもらえると確信しているよ」『ミラー』は、このようなコメントを伝えている。

移籍金も凄いが、受け取る週給も凄まじい。移籍前にリバプールからオファーされた週給10万ポンドの契約を蹴り、非難されたスターリングだが、マンCで受け取る週給は、その倍の20万ポンド前後と見られている。契約期間は長期の5年。また、マンCのレジェンドであるマイク・サマービーやピーター・バーンズの着けた背番号「7」を継承した。

破格の待遇を受けるスターリング。果たして彼は、それに見合うだけの実績を残せるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ