元バイエルン監督、シュヴァインシュタイガーの背番号が永久欠番になることを望む

直近ではスイス代表を指揮したヒッツフェルト氏

直近ではスイス代表を指揮したヒッツフェルト氏

オットマー・ヒッツフェルト氏 photo/Getty Images

元バイエルン・ミュンヘンの監督、オットマー・ヒッツフェルト氏はバスティアン・シュヴァインシュタイガーが着けていた背番号を永久欠番にしてほしいと話した。独『ビルト』が伝えている。

「バスティアンの『31』はクラブの歴史資料だ。私はバイエルンがすぐにその番号を誰かに与えることをしないと確信している。それは常に彼のものであるし、出来れば他の選手が着ることのないものなのだ」

2度にわたってバイエルンを指揮し、5回のリーグ優勝、1度のチャンピオンズリーグ優勝を果たしたクラブのレジェンドであるヒッツフェルト氏。シュヴァインシュタイガーを指導した経験も持つ同監督は、“教え子”の番号がクラブにとって特別であることを強調している。

先週土曜日の新体制発表会でシュヴァインシュタイガーのマンチェスター・ユナイテッド移籍が発表されると、アリアンツ・アレーナに集まった63000人のファンから大きなブーイングが起きたことが報道されており、今回の移籍が方々で波紋を呼んでいることが分かる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ