マラドーナ氏がメッシの扱いに疑問「メッシを甘やかすのはやめるべき」

アルゼンチン代表の1選手として扱うべきだと主張

アルゼンチン代表の1選手として扱うべきだと主張

いまだに影響力は大きい photo/Getty Images

アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が自身の後継者とされるFWリオネル・メッシを崇めるのをやめろと主張している。

マラドーナ氏はコパ・アメリカ決勝でチリに敗れた試合について、アルゼンチン『オレ』にコメントした。『マルカ』など複数メディアが伝えている。

「彼が世界最高の選手なのは知っている。しかし彼は批判されて当然だよ。レアル・ソシエダ戦で4得点を挙げた男が、代表ではボールにすら触れない。アルゼンチン人なのか、スウェーデン人なのか?と思ってしまうよ」

「我々はメッシを甘やかすのをやめ、ただのアルゼンチン代表の1選手として扱うべきだ。批判しすぎるのもよくない。メッシは誰かを殺したわけでも、性犯罪をおかしたわけでもない。彼の向上に繋がる批判であればよいが、代表でプレイするべきかなんてアンケートをとるのは馬鹿げている。それより我々は連盟会長を変えるべきだ。準優勝で満足していてはいけないよ」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ