[移籍]モナコ、伊代表FWエル・シャーラウィをシーズンローンで獲得

本来のパフォーマンスを取り戻せるか

本来のパフォーマンスを取り戻せるか

新天地での飛躍に期待がかかるエル・シャーラウィ photo/Getty Images

リーグ・アンのASモナコは13日、ACミランに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(22)の加入を発表した。1シーズンのレンタル移籍で、完全買い取りオプションが付加されている。

カルロス・バッカ、ルイス・アドリアーノといった前線の強化を進めるミランで出場機会の減少が予想されたエル・シャーラウィには移籍の噂が以前からあったが、その新天地はフランスの強豪となった。モナコは昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でベスト8進出を果たし、リーグでも3位に着ける好成績を収めている。来シーズンのCLには予備予選からの出場となる。

エル・シャーラウィはクラブ公式サイト上で加入の喜びを語った。

「このクラブと契約を結べたことにとても興奮しているよ。喜ばしいことだし、わくわくしている。モナコの会長にはこの機会を与えてくれたことに対して感謝したい。ASモナコで素晴らしいシーズンを過ごせること、そしてサポーターを喜ばせることを願っているよ」

エジプト人の父とイタリア人の母を持つエル・シャーラウィの愛称は「ファラオーネ」。2008年にジェノアの下部組織から16歳でセリエAデビューを果たすと、2010年にはセリエBのパドヴァにレンタルされて9ゴールを記録。その活躍が認められてミランに加入した。

当初は厚い選手層の前に先発での出場機会は限られたものの、アントニオ・カッサーノ、ズラタン・イブラヒモヴィッチといった実力者が退団した12/13シーズンに定位置を確保し、リーグ戦で16ゴールを挙げる目覚ましい活躍を見せた。しかしその後は負傷もあって本来の力を発揮出来ず、伸び悩みが見られた。昨シーズンは18試合に出場してわずか3ゴールにとどまっているため、新天地で以前のパフォーマンスを取り戻すことが期待される。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ