マンU、新たなストライカーに狙い定める! 第1候補はカバーニか

ディ・マリアを交渉に組み込む案も

ディ・マリアを交渉に組み込む案も

実力的には申し分ないが…… photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドはフェネルバフチェへの移籍が確実となっているFWロビン・ファン・ペルシーに代わるストライカーとして、PSGのエディンソン・カバーニに狙いを定めたようだ。

ファン・ペルシーのフェネルバフチェ移籍は近日中に発表される見通しで、マンUはチェルシーに移籍したラダメル・ファルカオに続いてストライカーを手放すことになる。『メトロ』によるとマンUのルイ・ファン・ハール監督はウェイン・ルーニーをストライカーの位置では起用せず、若手のジェームズ・ウィルソンも当面はバックアッパーになるとみられている。

同紙はマンUがカバーニ獲得のためにディ・マリアを交渉に組み込む考えもあると報じており、ディ・マリアに興味を示すPSGとの間で大型トレードとなる可能性もある。

PSGはFWイブラヒモビッチの放出も噂されるが、カバーニの売却はあり得るのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ