ロジャースとうとう認める 「スターリングの移籍は合意に達した」

残すところメディカルチェックのみ

残すところメディカルチェックのみ

ラヒーム・スターリング photo/Getty Images

リヴァプールに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(20)のマンチェスター・シティへの移籍はとうとう合意に達したようだ。

『BBC』など複数の英国メディアが伝えたところによれば、大詰めと見られていたスターリングの移籍は、最終段階に来ているとのこと。現在クラブのアジアツアーでタイに到着したブレンダン・ロジャースもそのことを認めている。

「状況は全くもってシンプルだ。クラブはラヒームの移籍について合意したんだ。後はメディカルチェックを通過するだけだよ」

移籍金は4900万ポンドと報じられているが、この額は2013年夏にガレス・ベイルがトッテナムからレアル・マドリードに移籍した際に発生した8530万ポンドに次ぐ英国人の中で2番目の高額移籍金となる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ