新チームで心機一転のチェフ、背番号「33」に変更したその理由とは……

アーセナルでの活躍に期待がかかるチェフ

アーセナルでの活躍に期待がかかるチェフ

2015-16シーズンからアーセナルへ加入するペトル・チェフ photo/Getty Images

チェルシーからアーセナルへの加入が発表されたチェコ代表GKペトル・チェフ。新たなチームで始動するに当たり、チェルシーで背負っていた背番号「1」から「33」へ変更した。その理由を自身のツイッターで明らかにした。

現在アーセナルのGKは「1」をポーランド代表のボイチェフ・シュチェスニーが、「13」をコロンビア代表のダビド・オスピナがつけている。そのため、チェフは利用可能な数字の中から選択することとなり、どんな背番号を背負うのか注目されていた。

「プレミアリーグで333試合に出場。33歳で新しい挑戦をする。そんな簡単な理由だ」と打ち明け、「チームの背骨の一部になりたい。背骨の脊椎骨は33個だから」という理由もあると綴った。

『メトロ』によると、彼は40歳になるまで引退しないと主張しており、獲得するタイトルが33に届くまではまだ時間が残されているとし、それまで期待したいという。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ