[移籍]マンU、伊代表DFダルミアンの獲得を発表

「夢が叶った」

「夢が叶った」

マッテオ・ダルミアン photo/Getty Images

プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)は11日、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(25)のをトリノから獲得したことを発表した。4年契約で、1年の契約延長オプションが付けられている。

同日にドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーの移籍合意を取り付けたマンUにとって、11日は市場で大きな話題を提供した日になった。ダルミアンは2011年にトリノでデビューして以来146試合に出場。走力、テクニックを併せ持ったウィングバックの選手で、サイドバックにも対応することが出来る。また、イタリア代表としても昨年のW杯でグループ3試合に全て出場している。

加入にあたって、ダルミアンは以下のように喜びを表した。クラブ公式サイトが伝えている。

「マンチェスター・ユナイテッドに加入するという夢が叶った。トリノで過ごした時間はとても楽しかったし、クラブとファンの皆が僕にしてくれた全てのことに対してお礼を言いたい。きっと彼らも、世界最大のクラブに加入できる機会が与えられた僕が決断しないといけなかったことを理解してくれると思う。フットボールの世界で多くを成し遂げたルイ・ファン・ハール監督と一緒に仕事ができることは、期待に胸を躍らせるようなもの」

ファン・ハール監督もダルミアンを称賛した。

「マッテオはユーティリティ性に優れた右SBで、左サイドでもプレーできる。彼は屈強なDFで、攻撃に参加できる能力を備えていることは素晴らしいし、展開の速いプレミアリーグでは必要な要素だ。マッテオはチームにとって素晴らしい戦力になってくれるだろう。マッテオをクラブに迎え入れられることを嬉しく思う。そして、すぐに彼と仕事ができることを楽しみにしている」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ