[移籍]マンU、ついに大型補強に成功! ドイツ代表MFシュバインシュタイガー獲得で合意

マンUのトップチームでは、初のドイツ人選手に

マンUのトップチームでは、初のドイツ人選手に

ウワサは真実だった! ついにオールド・トラッフォードへ photo/Getty Images

かねてから噂のあった交渉が、ついに結実したようだ。マンチェスター・ユナイテッドは、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンとMFバスティアン・シュバインシュタイガーの獲得で合意に至ったと正式に発表した。

オフィシャルサイトによれば、メディカルチェックの後、シュバインシュタイガー個人との契約をもって移籍が完了する。

『ビルト』が伝えるところでは、移籍金は2000万ユーロ。年俸1000万ユーロの3年契約となるという。年俸はバイエルン時代と同額となる。

初のプレミア挑戦となるシュバインシュタイガー。もうすぐ31歳を迎えるベテランだが、プレミア行きが噂になったとき「僕はまだ3年間はトップレベルでプレイできる」とのコメントを残してもいた。その経験とハードワークでファン・ハール率いるマンUの中盤にどのような効果をもたらすか、注目が集まる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ