古巣復帰のフォルラン、父も所属したクラブに加入「本当に光栄なこと」

母国の強豪クラブで10番を背負う

母国の強豪クラブで10番を背負う

母国のクラブに復帰するディエゴ・フォルラン photo/Getty Images

ウルグアイの名門クラブ、ペニャロールは、今夏セレッソ大阪を退団したディエゴ・フォルランを獲得したことを正式に発表した。契約は1年半となり、契約延長オプションが付けられている。『アス』が伝えている。

ペニャロールはディエゴ・フォルランの父親、パブロ・フォルランがプロデビューを果たしたクラブで、1963年から1970年までプレイした。フォルラン自身は「父の歴史とともに歩んだクラブにようやく加入する機会を得た。本当に光栄なこと」とコメントしている。

フォルランもユース時代に1年だけ所属したクラブだが、プロデビューを果たしのたのはアルゼンチンのインデペンディエンテ。その後ヨーロッパで活躍し、ようやくペニャロールのトップチームでプレイする機会を得た。フォルランにとっては8つ目のクラブとなる。

ペニャロールのエドガード・ウェルケル副社長は「フォルランの補強は非常に重要だった。クラブや代表で国際的なタイトルを獲得した経験豊かなプレイヤーだ」と獲得したフォルランについて語った。

背番号は10番を背負い、8月8日の親善試合でお披露目される予定だという。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ