韓国代表パク・チュホ、フランクフルト税関で300万円相当の腕時計押収

以前に乾も……

以前に乾も……

パク・チュホ photo/Getty Images

マインツに所属する韓国代表MFパク・チュホ(28)がフランクフルト空港の税関で足止めされたことが分かった。

独『ビルト』が伝えたところでは、7月5日、オフを終えてドイツに戻ったチュホはフランクフルトの第一ターミナルに到着した。自分の荷物を持って税関コーナーを「申告なし」で通過しようとした際、係員に呼び止められた。

同紙によると、パクは2万2千ユーロ(約300万円)相当の高級腕時計をしており、課税対象にあたるとして審査を受けることになったようだ。新規に買ったものでないという証明がその場で出来なかったパクは「スイスで以前買ったもの」と主張しても受け入れられず、その時計を押収され、後日密輸容疑で罰金が課されるという。

同空港では2年前にも日本代表MF乾貴士が「家族からのプレゼント」という時計を押収されている。通常日用品では免税になる場合が多いが、時計やアクセサリーといった高級品では書類申告が必要となるため、高級品を身につける機会の多いサッカー選手は気をつけなくてはならないだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ