ジェラードもスターリングを批判「男らしくないだろ?」

病気を理由に練習を欠席したスターリングを批判

病気を理由に練習を欠席したスターリングを批判

レジェンドからもお叱り photo/Getty Images

キャラガーに続き、今夏にリバプールを退団したMFスティーブン・ジェラードもスターリングの行動を批判しているようだ。

リバプールのプレシーズンツアーへの参加を拒否したスターリングは、チーム始動日となった9日の練習を病気を理由に欠席しており、リバプールサポーターから反感を買っている。この行動についてジェラードは『スカイ・スポーツ』のインタビューで同選手を批判している。

「ラヒームは自身がどうしたいのかをクラブや監督に話す必要がある。ツアーを拒否するのもそうだし、何より病気を理由に欠席するのは男らしくないだろう。ツアーでは世界中のリバプールサポーターがラヒームを見たがっている。だからこそ今回のような理由で欠席するのはフェアじゃないと思うね」

移籍のためにあらゆる手段を尽くすスターリングだが、その行動が批判の的となっている。マンCは同選手獲得へ最後のオファーを出したとも伝えられており、注目が集まっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ