[移籍]ウルグアイ名門ペニャロールが、元C大阪のフォルランと合意

母国復帰の夢を叶えるフォルラン

母国復帰の夢を叶えるフォルラン

2015年6月までセレッソ大阪でプレイしたディエゴ・フォルラン photo/Getty Images

今夏セレッソ大阪を退団したディエゴ・フォルランは、次の移籍先として噂されていた母国の名門クラブ、ペニャロールへの加入で合意した。契約は1年半となり、契約延長オプションがつけられている。

ペニャロールは首都モンテビデオを本拠地とし、ウルグアイ最大級のエスタディオ・センテナリオをホームとする。ウルグアイ1部リーグに所属し、通算優勝回数最多を誇る強豪チーム。フォルランにとってはユース時代に最初に所属したクラブとなる。

公式サイトでは「ディエゴが子供の頃、黄色と黒のユニフォームを着てプロになることを夢見ていた」と紹介。フォルランはプロとしてのキャリアをアルゼンチンのインデペンディエンテでスタートしたため、父親も所属したペニャロールでプレイする機会をようやく手にした。

2010年FIFAワールドカップでMVPに選出された経験を持つフォルラン。公式サイトでは彼の経歴とゴール数を以下のとおり紹介した。

インデペンディエンテ(アルゼンチン) 91試合 40ゴール
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 98試合 17ゴール
ビジャレアル(スペイン) 128試合 59ゴール
アトレティコ・マドリード(スペイン) 198試合 96ゴール
インテル(イタリア) 20試合 2ゴール
インテルナシオナウ(ブラジル) 54試合 22ゴール
セレッソ大阪(日本) 49試合 19ゴール

ウルグアイ代表  112試合 36ゴール

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ