大収穫のドルトムント来日 「バッグの中にはファンとの美しい思い出が……」

「スタジアムの半分はシュヴァルツゲルブだった!」

「スタジアムの半分はシュヴァルツゲルブだった!」

空港でドルトムンを待つ日本のファン photo/Getty Images

ドルトムントにとって今回のアジアツアー、来日はたいへん印象深いものになったようだ。空港で5000人を超える日本のファンから迎えられ、川崎フロンターレを6ゴールで破った後でも、会場から大きな声援が贈られたことに対して、クラブ公式サイトでは驚きと喜びを持って伝えられた。以下、公式サイトより。

「水曜日にドルトムントはアジアツアーの第二の目的地であるシンガポールに向けて旅立った。選手のバッグの中には、日本での暖かい客人へのもてなしによる美しい思い出が残っている。川崎フロンターレを6-0で破った後でも、彼らのもてなしは変わらなかった」

掲載された記事にはそのように書かれ、試合後にスタジアムを一周する選手たちとファンが交流する様子を収めた写真が10枚ほど掲載された。

「多くのファンは会場を回る選手を携帯のカメラで収めた。スタジアムの半分は”シュヴァルツゲルブ”(黄色と黒、ドルトムントのチームカラー)だった。ボルシア・ドルトムントは既に多くのファンを日本で持っているのだ。そして新たなファンも今回のツアーで獲得した」

試合の1日後にはシンガポールに向かう弾丸スケジュールのアジアツアーだが、クラブと選手にとっては大変有意義な交流と広報活動になったようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ