マンU従業員がポロリ「残念だが、デ・ヘアは出て行く」

「我々にできることはやった」とスペイン紙に語る

「我々にできることはやった」とスペイン紙に語る

S・ラモスとデ・ヘア photo/Getty Images

現在、マンチェスター・ユナイテッドのプレシーズンのトレーニングに戻ったGKダビド・デ・ヘアだが、やはりレアル・マドリードへの移籍は不可避なのかもしれない。

スペイン紙『マルカ』は、マンUの従業員のコメントを匿名で掲載した。「残念なことだが、彼は出て行くよ。彼は世界一のキーパーの一人だからだ。スペイン人だし、レアル・マドリードが望んでいるとしたら、もう我々にできることはない」

この従業員は、彼の移籍を阻止するために、できることはすべてやったと同紙に語っている。やはり移籍市場のヒエラルキーに、マンUは抗えないのだろうか。

取引は依然として、レアルDFセルヒオ・ラモスとの交渉ともつれ合っており、移籍市場が閉まるギリギリまで長引くと予想される。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ