ミランのセンターバックは誰になる? 獲得狙う若手3選手

メクセスとの契約延長交渉を拒否して新戦力確保か

メクセスとの契約延長交渉を拒否して新戦力確保か

世代別代表にも選ばれるロマニョーリ photo/Getty Images

ミランにとって今夏の最優先事項であるセンターバックの補強は、どのような進展を見せているのだろうか。最近話題となったミランが注視している選手をまとめた。

1.アレッシオ・ロマニョーリ(20歳 ローマ)

2014年9月にローマからサンプドリアへレンタル移籍したロマニョーリは、シニシャ・ミハイロビッチ監督の愛弟子でもあり、ミランの獲得リスト最上位に位置しているといわれる。世代別のイタリア代表に選ばれ続けており、14-15シーズンはサンプドリアで30試合に出場している。ミランは同選手獲得へ2000万ユーロを準備しているという。

2.サミュエル・ウムティティ(21歳 リヨン)

リヨン生え抜きの選手であり、2011年にトップチームに昇格した21歳。180cmとセンターバックとしては小柄だが、レフティーであり左サイドバックもこなすことができる。デヤン・ロブレンらが退団した2012年以降に出場機会を増やし、14-15シーズンは34試合に出場している。獲得には最低でも2500万ユーロがかかる見込みだ。

3.アィメリク・ラポルト(20歳 アスレティック・ビルバオ)

世代別のフランス代表にも選出されたラポルトは、189cmとサイズが大きいながらも足元の技術に長けたスペイン式センターバック。14-15シーズンは33試合に出場し、現在バルセロナやマンUといったビッグクラブも獲得を狙っている逸材だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ