ドイツでも話題!? 香川の”ドッペルゲンガー”

オバメヤンもびっくり

オバメヤンもびっくり

オバメヤンもびっくり photo/本人インスタグラムキャプチャ

7月7日に川崎フロンターレと親善試合を行ったドルトムント。試合前には横浜で所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルス、ガボン代表FWピエール・エメリク・オバメヤンによるトークイベントなども開催されたが、その会場でオバメヤンはその場に“いるはずのない”人物を見かけてしまったようだ。

それはチームメイトの香川真司。同時間に香川は渋谷で行われている別件のイベントにマルコ・ロイスとともに参加していたため、横浜にいるはずはなかった。発見したオバメヤンもさぞ驚いたようで、自身インスタグラムに写真を投稿し、「シンジ!?」というコメントを付けている。

実はこの人、香川のモノマネ芸人として知られる浅野智秋さん(どるとんず)だった。会場にお忍びで参加している所を“同僚に”に発見されてしまったようだ。その後ステージに上がり、フンメルス、オバメヤン、丸岡満と一緒に写真を撮っている。

ドイツでも反響があったようで、大衆紙『ビルト』は「香川のドッペルゲンガーだ!」と見出しをつけて報じている。同様にオバメヤンのインスタグラムにも多くのコメントが寄せられた。

ドッペルゲンガーは本人が見ると死んでしまうという不吉の象徴だが、幸いこの後の試合では川崎に6得点を挙げるなど、ネガティブとは無縁の大勝を収めている。香川も2ゴールを決める活躍を見せたが、それはおそらく本人だったはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ