トッテナム加入のアルデルヴァイレルト 「スパーズの一員になれたことを誇りに思う」

フェルトンゲンとはアヤックス以来のコンビ結成か

フェルトンゲンとはアヤックス以来のコンビ結成か

トッテナム加入が決まったアルデルヴァイレルト photo/Getty Images

トッテナムは8日、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(26)をアトレティコ・マドリードから獲得したことを発表した。クラブ公式サイト上では同DFが加入の喜びを語っている。

「スパーズの一員になれたことを誇りに思うよ。ここにいることがとても幸せだし、素晴らしい時間を過ごすことを願っている」

2020年までの5年契約を結んだアルデルヴァイレルトはそう語った。トッテナムには既に3人のベルギー人プレイヤーが所属しており、アルデルヴァイレルトの加入で4人目となった。

「トッテナムのことは前からよく知っていたんだ。ヤン・フェルトンゲン、ナセル・シャドリ、ムサ・デンベレがよく話してくれたからね。ナショナルチームで一緒にプレイしている選手たちのことはよく知っている。ヤンとはアヤックスの時に一緒にプレイしたCBのパートナーでもあるね。移籍先に知っている選手がたくさんいるのは素晴らしいことだ。彼らのことをもっとよく知りたいと思う」

昨年はサウサンプトンにレンタルされたアルデルヴァイレルトはトッテナムとリーグ戦で2度対戦し、1分1敗と負け越している。チームについてはポジティブな印象を持っているようだ。

「チームにはクオリティのある選手がたくさんいるね。それに発展途上の若手選手も多い。その2試合はとてもタフだったよ。スパーズはビッグクラブで、僕はそのようなクラブでプレイすることが夢だった。今それが叶って本当に幸せだし、自分のベストを尽くすつもりだよ」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ