ヴェンゲル、来季はエジルに“10番”を与える?

ワイドで起用されることが多かったエジル

ワイドで起用されることが多かったエジル

3シーズン目、いよいよ本領発揮か photo/Getty Images

10番といっても、背番号の話ではない。今季はワイドのポジションで起用されることも多かったエジルだが、来シーズン、いよいよ彼がチームの司令塔としての役割を、本来のポジションで果たすことになるというのだ。

ヴェンゲル監督は、エジルをいよいよチームの中軸に据え、タイトルを狙いにいく準備があるようだ。かつてレアル・マドリードを率いたジョゼ・モウリーニョをして「世界最高の10番」と言わしめた彼が本来のポジションに戻れば、よりゴールやアシストを量産できるだろうと『ミラー』は予想している。

エジルのサイド起用に関しては賛否あった。その狙いは、よりプレッシャーのかからない位置でボールを受けさせる、彼のスピードを活かす、左足で正確なクロスを供給させるなどにあったと思われる。エジルがたびたび大きなケガに見舞われたことも、無関係ではないはずだ。

だが、今季後半に入ってからセントラルMFをこなすようになったカソルラのハードワークは目覚ましいものがあり、ヴェンゲル監督は中央でもエジルに対するプレッシャーを軽減できると考えているのかもしれない。

エジルを中央に固定するとなれば、ミッドフィールドは激戦区だ。カソルラのほか、ラムジー、ウィルシャー、そしてロシツキという豊富なタレントをどう使うのか、ヴェンゲル監督の采配に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ