[移籍]ハンブルク、DF酒井高徳の獲得を正式発表 「ようこそゴウ!」

恩師のもとで再出発

恩師のもとで再出発

ハンブルク加入が正式に発表された酒井高徳。photo/Getty Images

ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSV(以下ハンブルク)は6日、日本代表DF酒井高徳と正式に契約を結んだことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

昨季シュツットガルトで出場機会を減らしていた酒井に手を差し伸べたのは、同クラブで2シーズンの間ともに仕事をしたブルーノ・ラッバディア監督率いるハンブルクだった。酒井は同監督の存在が移籍の決断を後押ししたことを話している。

「僕は監督として彼のことが好きです。彼のハードで情熱的な仕事ぶりは自分と合っていました。また一緒に仕事が出来ることを本当に嬉しく思います」

ハンブルクは昨季クラブ史上初の2部降格に迫っていたが、4月から指揮を執ったラッバディア監督のもと奇跡的な立て直しを見せて、プレイオフの末に見事残留を勝ち取っている。

クラブ公式チャンネル『HSV.total』では「ようこそゴウ!(酒井の愛称)」というレポーターの歓迎の言葉が加入の報告に添えられた。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ