プレミアリーグ歴代最高の指導者は誰だ!? 優秀監督ランキングベスト5

1位はやはりファーガソン

1位はやはりファーガソン

この記録を破る者は現れるのか。 photo/Getty Images

プレミアリーグの歴史上最高の指揮官は誰なのか。過去にプレミアリーグを制した回数、平均獲得勝ち点、トップ4に入ったか、長期にわたって指揮を執ったかの4点に注目したデータを『スカイ・スポーツ』が公表している。

1位は2位に圧倒的な差をつけて元マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソンが選ばれた。マンUを27年間指揮し、プレミアリーグ優勝回数は13回、トップ4でフィニッシュした回数も21回で最多だった。

2位はアーセナルのアーセン・ヴェンゲル。優勝回数は3回だが、アーセナルを指揮した19年間で1度もトップ4から陥落したことがない。1試合平均の獲得勝ち点はトップ3の中で最も低い1.99だが、長期にわたって1つのクラブを指導していることから2位に選ばれた。

3位はチェルシーのジョゼ・モウリーニョ。2004年から2007年までチェルシーを率いた第1次政権と、復帰となった2013年からの第2次政権を合わせてもまだ5シーズンしかプレ ミアリーグを指揮していないが、優勝回数は3回と驚異的な記録を誇る。1試合平均の獲得勝ち点もファーガソンを上回る2.29で歴代1位だ。トップ4から落ちた経験もなく、単純に勝率だけを見ればプレミア最高の指揮官といえるだろう。

プレミア優秀監督ランキングトップ5

1位 アレックス・ファーガソン 平均勝ち点2.16 タイトル13、トップ4フィニッシュ21回

2位 アーセン・ヴェンゲル   平均勝ち点1.99 タイトル3    トップ4フィニッシュ19回

3位 ジョゼ・モウリーニョ   平均勝ち点2.29 タイトル3  トップ4フィニッシュ5回

4位 ロベルト・マンチーニ   平均勝ち点2.05 タイトル1  トップ4フィニッシュ3回

5位 マヌエル・ペジェグリーニ 平均勝ち点2.17 タイトル1  トップ4フィニッシュ2回

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ