ピルロ加入に米サッカーファン喜びの声。ニューヨーク・シティ移籍を現地はどう見ているか

ピルロ、アメリカで始めてプレイしたのは11歳だった!?

ピルロ、アメリカで始めてプレイしたのは11歳だった!?

ニューヨーク・シティに移籍するアンドレア・ピルロ。photo/Getty Images

アメリカMLS(メジャーリーグサッカー)に所属するニューヨーク・シティFCは6日、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ(36)をユヴェントスから獲得した。

『ブリーチャーリポート』がファンによるツイッターの反応をまとめたところ、アメリカのイタリアサッカーファンは「グラッツェ(イタリア語でありがとう)、ピルロ」といった感謝を表すものや、「横になります。泣かないようにします。もっと泣きます」といった悲しみにくれるコメントが見られた。

概ね好意的な意見が寄せられており、「MLSの歴史上、ピルロは最高のイタリア代表MFだ。とても名誉」、「ニューヨーク・シティはランパードとピルロの中盤。これより良くなるものはない」とピルロ加入を喜ぶ声がコメント欄に並んだ。

また「マンチェスター・シティにレンタルで加入するのでは」といった懐疑的なものや、「MLSは引退する選手が来るリーグになっている」といったネガティブな反応も。

その中で、『ドクターペッパー・ダラスカップ』というユース年代の大会アカウントが、MLSに参加する以前にピルロが始めてアメリカでプレイした事実を伝えた。「1990年のU-12ダラスカップチャンピオン、当時USヴォルンタスに所属した11歳のピルロが出場した」と当時のメンバー表とチームの集合写真を掲載した。ピルロは新天地アメリカで、果たしてどんな活躍を見せるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ