チリのハードワークはアルゼンチンの豪華攻撃陣を封じ込めることが出来るか

アルゼンチンのギアは上がっている

アルゼンチンのギアは上がっている

今大会まだ1ゴールのメッシ。決勝では決めることが出来るだろうか。photo/Getty Images

現在チリで開催されているコパ・アメリカ2015は現地時間4日、エスタディオ・ナシオナル(サンティアゴ)で決勝戦を迎える。これまで様々な激戦が繰り広げられてきた大会を締めくくるのは開催国チリと世界最高のアタッカー陣を擁するアルゼンチンの一戦だ。

ホスト国チリは、準決勝でペルーと対戦し、バルガスの2ゴールで2-1の勝利を収め、決勝進出を果たした。アレクシス・サンチェス(アーセナル)、アルトゥーロ・ビダル(ユヴェントス)といったヨーロッパのトップクラブでプレイするワールドクラスも選手を筆頭に、技術とフィジカル能力に長けた選手を擁するチリは、ここまで大会最多の13得点を挙げている。決勝までグループB、Cの首位チームと当たらない有利な組み合わせだったとはいえ、その攻撃力は特筆に値する。

対するアルゼンチンはここまで5試合で10得点と、数字だけ見ればチリと大差ないが、そのうちの6得点は準決勝のパラグアイ戦で奪ったものだった。メッシ、アグエロ、テベスといった世界トップクラスのストライカーを擁するアルゼンチンだったが、グループ3試合で挙げた得点はわずかに4点。準々決勝コロンビア戦では再三攻め込んだが0-0で90分を終え、辛くもPK戦で勝利を収めた。ここに来てようやく攻撃が完成されてきたというような印象を与えている。チリのハードワークが厄介なアタッカーをどう封じ込めるか、それは決勝の行方を握る鍵だと言える。今大会でまだ1ゴールと、ストライカーとしての仕事が出来ていないメッシにも注目が集まる。

試合は日本時間5日午前5時キックオフ予定。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ