“どこも欲しがらない”バロテッリに、引き取り手が現れた!

ニューカッスルへローン移籍の可能性浮上

ニューカッスルへローン移籍の可能性浮上

クリスタル・パレス戦後のバロテッリ。スマホ持参。photo/Getty Images

あまりにイメージが悪いうえ、今季はわずか1ゴールに終わり、「もらい手がない」とまで言われるリバプールFWマリオ・バロテッリ。

リバプールは来季に向けてストライカーの補強に動いており、加えてダニー・イングス、フィルミーノなど有能なアタッカーを確保したばかり。もはやバロテッリに出番はなく、かといって欲しがるクラブもない、宙ぶらりんな状態にあると思われていた。しかし、『リバプール・エコー』によれば、彼にもようやく引き取り手が現れたようだ。

興味を示したのはニューカッスル。狙っていたQPRのチャーリー・オースティンがチェルシーとの競争になるため、ローン移籍でバロテッリの獲得にターゲットを切り替えた模様だ。

ニューカッスルは今季の低迷により、マイク・アシュリーオーナーとジョン・カーバー元監督に批判が集中した。クラブはスティーブ・マクラーレン新監督を迎えて立て直しを図っている最中だが、大きな起爆剤が必要と考えたのかもしれない。このギャンブルが、吉と出ればよいのだが……。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ