いよいよ移籍市場が開いた! プレミアリーグを揺るがす、10のビッグ・トランスファー

いくつの取引が実現するか……

いくつの取引が実現するか……

今夏の最注目銘柄、ポグバ。しかし移籍金も強烈に高額だ。photo/Getty Images

7月に入り、いよいよ移籍市場が開いた。8月8日のリーグ開幕に向け、いよいよ取引は過熱するはずだ。

この夏もリーグを揺るがすビッグディールの噂が、連日のように飛び交っている。そこで『デイリー・メール』の伝える、注目すべき10の移籍話を紹介したい。

1.ポール・ポグバ(ユヴェントス)約7100万ポンド

注目クラブ:マンチェスター・シティ、チェルシー、バルセロナ

シティは、中盤の新たな推進力としてポグバの獲得を目指していることを公にしてきた。チェルシーも、オスカルを交渉材料に使ってポグバを欲しているが、バルセロナがポグバにとってより良い選択肢であり、1月の移籍交渉に向けて動くことを恐れているようだ。

2.ラヒーム・スターリング(リバプール)約5000万ポンド

注目クラブ:マンチェスター・シティ、チェルシー

すでに2度の入札を拒否されたが、シティは3番目の突破口を開くことができるだろう。リバプールが5000万ポンドの値をつけたこの選手には、さらにQPRに対して20パーセントを支払う必要がある。リバプールは優先事項であるストライカーを獲得しなければならないため、スターリングの作り出すキャッシュが役に立つはずだ。

3.セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)約3500万ポンド

注目クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

ユナイテッドへの加入を望むスペインのDFは、あと約2年の契約を残している。レアル・マドリーが彼を売るか、残すか。ポイントは、レアル側がユナイテッドにGKダビド・デ・ヘアを要求しているということだ。

4.クリスティアン・ベンテケ(アストン・ヴィラ)約3250万ポンド

注目クラブ:リバプール、トッテナム、チェルシー

彼自身はリバプール加入を熱望しているといわれ、リバプールもストライカーの第一候補に挙げる。しかし問題は、リバプールがボリーニ、ランバートそしてバロテッリと、余剰人員でとっ散らかった前線を何とかしなければならないことだ。チェルシーも興味を示すが、彼はレギュラーが確保できるチームへ行きたいだろう。

5.アルダ・トゥラン(アトレティコ・マドリー)約2800万ポンド

注目クラブ:チェルシー、バルセロナ

代理人は、彼の去就は間もなく明らかになるという。このMFはチェルシーへの移籍を望んでおり、アトレティコ・マドリーは放出の代わりに移籍金とフィリペ・ルイスのリターンを望んでいた。しかし、バルセロナの介入が取引に疑問を投げかける。チェルシーは間もなく、ブラジル人ウインガーのケネディと、ラダメル・ファルカオの取引を完了させ、他のターゲットを注視し始めるかもしれない。

6.モルガン・シュナイデルラン(サウサンプトン)約2500万ポンド

注目クラブ:マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム

シュナイデルランの心は、オールド・トラッフォードでチャンピオンズリーグをプレイすることに傾いているようだ。最初のオファーは断られた模様だが、サウサンプトンは中盤の要を残すよりも2500万ポンドが欲しいようだ。

7.チャーリー・オースティン(QPR)約1500万ポンド

注目クラブ:ニューカッスル、ウェストブロム、ウェストハム、クリスタル・パレス

25歳のストライカーは1年の契約を残しており、1500万ポンドという値札は彼を求める者をはねつけるかもしれない。しかし、QPRは(まだ若い)彼の年齢、英国人であること、昨シーズン18ゴールを奪ったという事実を強調する。ニューカッスルが、彼に投資することが期待されている。

8.イドリッサ・グイェ(リール)約900万ポンド

注目クラブ:アストン・ヴィラ、サウサンプトン、ウェストハム、クリスタル・パレス

このセネガル代表にはリーグ・アンのマルセイユも興味を示しているが、サウサンプトンはこの競争に勝つべく900万ポンドのオファーを提示したという。サウサンプトンのスタッフはライバルを阻止し、セネガル代表監督アラン・ジレスに「ジャン・ティガナと同じくらい良い」と言わしめた才能を獲得するため動いた。

9.アスミル・ベゴビッチ(ストーク)約800万ポンド

注目クラブ:チェルシー、アストン・ヴィラ

アストン・ヴィラは、このストークのキーパーとサインしようと試みていたが、彼はチェルシーでティボー・クルトワと争うことを選びそうだ。このボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKには、800万ポンドの移籍金が提示された。

10.ヨアン・キャバイェ(パリ・サンジェルマン)約700万ポンド

注目クラブ:ウェストハム、クリスタル・パレス、ニューカッスル

パレスの指揮官アラン・パーデューは、キャバイェがオールスターチームであるパリ・サンジェルマンで定位置を確保できない今年の初めから、この取引にご執心だ。彼にはプレミアでの実績がある。また、フランスのマーケットを注視していたウェストハムからも強い関心を引いている。

このうちのいくつが成立するかは、まだわからない。しかし、いずれも楽しみな取引であるのは、間違いないと言える。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ