ウィンブルドン生観戦のシュバインシュタイガー、ファンの質問を笑顔ではぐらかす

報道陣には「まだ3年間はトップレベルでやれる」

報道陣には「まだ3年間はトップレベルでやれる」

観客席に姿を見せたシュバインシュタイガー。photo/Getty Images

バイエルン所属MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、テニスのウィンブルドン選手権を現地観戦したようだ。

シュバインシュタイガーは恋人でプロテニスプレイヤーであるアナ・イバノビッチの試合を観戦。世界ランク7位のイバノビッチは中国のシュー・イーファンをストレートで破り、難なく1回戦を勝利した。

しかし『デイリー・ミラー』によると、周囲の人々はシュバインシュタイガーのマンU移籍話に興味があるようで、試合後には去就についてファンから質問される場面もあったようだ。同選手は移籍に関しての明言は避け、笑顔で会場を後にしたという。

シュバインシュタイガーは『sport1』の取材に対し、「僕はまだ3年間はトップレベルで戦う準備ができている。チャンピオンズリーグもワールドカップも獲得したけど、僕はまだ満足していないんだ。もう1度チャンピオンズリーグで優勝したいと考えているよ」とコメント。これは、30歳からのプレミア挑戦は厳しいという声に対する返答か。はたまたバイエルンで挑戦を続けるという意味なのか。気になるところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ