“お触り”DFハラに制裁! 3試合出場停止で事実上コパから追放に

ワールドカップ予選にも影響

ワールドカップ予選にも影響

所属クラブのマインツからも非難されたハラ。photo/Getty Images

CONMEBOL(南米サッカー連盟)は、チリ代表DFゴンサロ・ハラに3試合に出場停止処分を科すと発表した。

ハラは準々決勝のウルグアイ戦で、ウルグアイFWエディンソン・カバーニの尻を突っついて挑発するという行為に及んだ。カバーニはハラの顔を払って2枚目のイエローカードを受け、退場。試合中はハラにおとがめはなかった。しかし、ハラの挑発行為はカメラに捉えられており、SNSなどを通じて世界中に拡散。またたく間に非難が広がり、CONMEBOLも調査を行っていた。

コパ・アメリカでのチリ代表のゲームは、残すところ2試合。今回の処分を受け、ハラは事実上大会から追放となった。また、10月に行われるロシアW杯の南米予選にも出場できないことになる。

また、所属クラブのマインツも、ハラの行為に対し非難するコメントを出しており、彼の将来は非常に不透明な状況に置かれているといえる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ