アルゼンチンが準決勝進出! オスピナ奮闘もコロンビアはPK戦で敗れる

7人目のキッカーを務めたテベスがヒーローに

7人目のキッカーを務めたテベスがヒーローに

アルゼンチンを準決勝に導いたテベス。photo/Getty Images

現在チリで行われているコパ・アメリカ2015は現地時間26日に準々決勝を行い、アルゼンチンとコロンビアが対戦した。

グループBを首位通過したアルゼンチンはこの試合でリオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、アンヘル・ディマリア、ハビエル・パストーレが前線で先発。豪華攻撃陣がどのような攻撃を見せるのかに期待がかかる。

対するグループCを3位で通過したコロンビアはハメス・ロドリゲス、ジャクソン・マルティネス、テオフォロ・グティエレスらが先発。グループ3試合でわずか1得点と攻撃に問題を抱えるチームは、ラダメル・ファルカオを今大会初めて先発から外すという決断に踏み切った。

前半は圧倒的にボールを支配したアルゼンチンがコロンビアのゴールに襲いかかる。5分に左サイドをドリブルで突破したディマリアが中央にクロスを送ると、パストーレがゴール前で合わせた。これはゴールとはならなかったが、続く6分にもディマリアのCKからCBのロホがヘディングシュート。

コロンビアの見どころはGKオスピナの奮闘にあったと言っても過言ではない。26分にアグエロのシュートを至近距離で止めると、そのこぼれ球に詰めたメッシのヘディングを起き上がりざまに再び弾き出し、2点防ぐ活躍を見せた。

オスピナの奮闘もあり、前半は0-0で終了した。コロンビアは攻撃でチャンスらしいチャンスの得られない1stハーフとなり、ホセ・ペケルマン監督には修正が求められた。

66分、ハメスのCKにマルティネスが合わせるも、これはGKロメロの正面となり、得点には至らない。コロンビアは前半同様なかなか流れの中から決定機を作ることが出来ない。

アルゼンチンは交代カードを使って攻撃の活性化を図る。73分にはアグエロに代えてテベス、78分にはパストーレに代えてバネガを投入。バネガは交代直後にバーをかすめる鮮やかなミドルシュートを放つなど、存在感を見せた。

再三攻め込み、得点チャンスを得るアルゼンチンだが、コロンビアの守護神オスピナはゴールを許さない。80分にはCKにオタメンディが合わせたが、この至近距離のシュートをファインセーブでしのいだ。結局試合は90分でも決着がつかず、PK戦に突入。

3人のキッカーが決め、コロンビアの4人目のキッカーを務めたムリエルが外した時、アルゼンチンの勝利が近づいたかと思われた。しかし、アルゼンチンの5人目のビリアはシュートを外し、コロンビアが再びチャンスを得る。

コロンビアはこの後2人のキッカーがシュートを外してしまい、アルゼンチンの7人目を務めたテベスに決勝点を決められ、試合は終了した。PK戦を5-4で制したアルゼンチンが準決勝進出を決めている。

[スコア]

アルゼンチン0-0 コロンビア

[PK]

アルゼンチン 5-4 コロンビア

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ