人気銘柄のMFシュナイデルラン、新天地はマンUが濃厚に

2人目の補強となるか

2人目の補強となるか

モルガン・シュナイデルラン。photo/Getty Images

去就に注目が集まっていたサウサンプトンのフランス代表MFモルガン・シュナイデルランの新天地が決まりつつある。

英『デイリー・ミラー』が26日に伝えたところによれば、マンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)は同MFとの契約を間近に控えており、2400万ポンド(約45億円)の移籍金で両クラブが合意に達する見込みのようだ。契約は4年間になると同紙は見ている。

2008年からサウサンプトンでプレイするシュナイデルランにはマンUの他、アーセナル、トッテナムも関心を寄せていたが、同MFの新天地はオールド・トラフォードとなることが濃厚だ。

移籍が実現すれば、マンUにとってFWメンフィス・デパイに続く2人目の今夏の補強となる。15/16シーズンのチャンピオンズリーグ出場に向けて積極的な補強に出る同クラブは、レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスへの関心がここ最近メディアに報道されている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ