ネイマールが審判への暴言を否定「トンネル内では何もなかった」

「退場の理由を尋ねただけ」

「退場の理由を尋ねただけ」

審判とは何もなかったと主張するネイマール。photo/Getty Images

4試合の出場停止処分を受け、コパ・アメリカを去る形になってしまったブラジル代表ネイマール。彼はレッドカードを提示した主審に対し、フィールドに続くトンネル内で暴言を吐いたといわれていた。しかし、ブラジルの『GLOBO TV』の取材に応じたネイマールは、このことを否定している。英『スカイ・スポーツ』などがコメントを伝えている。

「トンネルの中では、ほとんど何も起こっていない。僕はトンネルの中にいて、審判がやってくるのが見えた。だから彼を待って、どうして僕を退場にしたのか尋ねたんだ。しかし、それが騒ぎになってしまった。セキュリティや他の人たちが、僕がナーバスになって、彼を殴ったりなどするかもしれないと思ったんだろう」

「このことから学びたいと思うよ。ブラジルは勝ち続けているし、優勝できると思う。偉大なプレイヤーがいるからね」

ブラジル代表は土曜日、グループBの2位に着けたパラグアイと準々決勝を戦う。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ