パウロ・ソウザ「モンテッラのサッカーを踏襲できることを誇りに思う」

記者会見で意気込み語る

記者会見で意気込み語る

昨年はバーゼルを率いてCLを戦った。photo/Getty Images

伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』がフィオレンティーナの指揮官に就任したパウロ・ソウザの就任記者会見の模様を報じた。ソウザはフィオレンティーナでの決意を語ると同時に前監督のヴィンチェンツォ・モンテッラに敬意を払っているようだ。

「今回このような素晴らしい機会を与えていただいて嬉しく思っている。私たちはここで重要な目標を達成できると思っているし、勝ちたいと願っている。私はモンテッラのファンだったし、彼は戦術的で素晴らしいサッカーをしていた。我々は改善する必要がある が、彼の良い部分を取り込みつつ、私のアイディアをチームに落とし込んでいきたいと思っている」

さらにソウザは自身が選手時代にユヴェントスに所属していたことについても触れている。

「多くのフィオレンティーナファンは、私がユヴェントスでプレイしていたことを覚えているかもしれないが、私はその1年後にドルトムントに放出され、チャンピオンズリーグ決勝ではユヴェントスを倒してもいる。今回もフィオレンティーナの成功のために情熱を注ぐつもりだ」

ソウザは来季ユヴェントスの5冠を阻止できるのだろうか。少なくともモンテッラの残したリーグ戦4位という成績を超えることが1つの指標となるようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ