[移籍]ナポリがGKレイナの加入を発表。わずか1シーズンでの復帰に

バイエルンはレイナ退団に備えてGKウルライヒを補強済み

バイエルンはレイナ退団に備えてGKウルライヒを補強済み

ホセ・マヌエル・レイナ。photo/Getty Images

イタリア・セリエAのSSCナポリは23日、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(32)をバイエルン・ミュンヘンから獲得したことを発表した。契約の詳細はまだ明らかにされていない。

レイナはリヴァプールに所属していた13/14シーズンにレンタルでナポリに加入し、そのシーズン公式戦43試合に出場した。ナポリ側が買い取りオプションを行使しなかったため、シーズン終了後にリヴァプールに復帰。昨年夏にバイエルン・ミュンヘンに300万ユーロで移籍し、2017年までの契約を結んでいた。

しかし、バイエルンでは正守護神マヌエル・ノイアーのサブとしてベンチに座ることが多く、出場はわずか3試合に止まっていた。コンスタントにプレイすることを望んだレイナはクラブ側に移籍を直訴し、今週火曜日には契約の解除がクラブ側から発表されていた。バイエルンの代表取締役社長代行ヤン=クリスティアン・ドレーゼンは移籍が決まったレイナについて以下のコメントを残している。

「スポーツ的な観点から見ても、人間的な観点から見ても彼は素晴らしい人間であり、その要求にもちろん応えることにしたんだ。我々はペペと家族の幸福を願っているよ」

経験豊富なGKが再びプレイすることになったナポリ。来季のEL(ヨーロッパリーグ)では今シーズン準決勝で潰えた優勝の夢を実現させたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ