[移籍]今夏最大のビッグディール! リヴァプールがブラジル代表MFフィルミーノをドイツ史上最高額の57億円で獲得

積極補強に出るリヴァプール

積極補強に出るリヴァプール

リヴァプール加入が発表されたフィルミーノ。photo/Getty Images

イングランド1部リヴァプールは24日、ブラジル代表MFロベルト・フィルミーノ(23)をホッフェンハイムから獲得したことを発表した。複数メディアが報じているところでは、契約は2020年までの5年契約で、移籍金として4100万ユーロ(約57億円)がホッフェンハイムに支払われる見込みだ。

目下、この夏最大のビッグディールが生まれた。4100万ユーロという金額は、ブンデスリーガ史上最高額の移籍金だ。これまでの最高額は2012年にバイエルンがハビ・マルティネス(当時アスレティック・ビルバオ)に支払った4000万ユーロ(約56億円)であり、それを上回る形になっている。

2011年にホッフェンハイムに加入したフィルミーノは高い得点能力を持ったMFで、4年間でリーグ152試合に出場して48ゴールを記録している。トップ下が本職だが、その得点能力の高さを生かして14/15シーズンは1トップに入る試合も多く、33試合で7ゴールを挙げる活躍を見せた。

現在チリで行われているコパ・アメリカ2015にブラジル代表の一員として参加しているフィルミーノは、7月1日より正式に“レッズ”(リヴァプールの愛称)の選手となる。既にダニー・イングス、ジェームズ・ミルナーなどの実力者を獲得しているリヴァプールの15/16シーズンは期待に満ちたものとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ