クーマン監督、オランダの若手に苦言も、自身はフェイエMF獲得へ!?

「オランダの若手にプレミア順応は難しい」と語るも……

「オランダの若手にプレミア順応は難しい」と語るも……

現在はキャプテンマークを巻くクラシー(右)。photo/Getty Images

サウサンプトンのロナルド・クーマン監督は、同じオランダ人指揮官ルイ・ファン・ハールが率いるマンチェスター・ユナイテッドがオランダ代表FWメンフィス・デパイ獲得に費やした3100万ポンドを「使いすぎ」と批判した。『デイリー・スター』が報じている。

クーマン監督は「オランダの若手選手はなかなかプレミアの環境に馴染めないだろう。彼らは携帯ばかりをいじってコミュニケーションを取ることが上手じゃないし、ハードなプレミアで1シーズンの間コンディションをキープするのは難しい」と語り、デパイ獲得に大金を費やしたユナイテッドを牽制した。

その一方で、クーマン監督はオランダ代表でフェイエノールトに所属するMFヨルディ・クラシー(23)の獲得に関心を示しているという。同選手はクーマンの教え子で、フェイエノールト時代には第2キャプテンに任命していた。クラシーにはデパイほどの大金はかからないが、これが本当だとすれば、どうも言動と行動が違っている様子。あるいはオランダの若手選手への苦言は、クラシー獲得の隠れ蓑かもしれない。クーマンはプレミアへの順応が難しいと語ったオランダの若手選手の獲得に動くのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ