伊紙がインテル来季の予想イレブンを公開。長友は入らず

守備陣はガラリと入れ替え

守備陣はガラリと入れ替え

新たな守備陣の中核となることが期待されるミランダ。 photo/Getty Images

伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』は21日、来季のインテルの予想イレブンを公開した。予想システムは4-2-3-1で、GKにはサミール・ハンダノビッチが残留。CBには獲得が確実と見られるアトレティコ・マドリー所属のブラジル代表DFジョアン・ミランダと、今冬にグラナダから獲得したコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョが入り、ラノッキアとビディッチは外れている。現在コロンビア代表としてコパ・アメリカを戦うムリージョは今年の冬に獲得が決定していたが、グラナダ側が冬の放出を拒んだため、今夏の加入となった。

SBはサントンと ファン・ジェズス、ボランチには各クラブとの獲得競争を制したモナコ所属のフランス代表ジェフリー・コンドグビアとブロゾビッチが入った。今季CBでもプレーしたチリ代表のメデルはボランチのバックアッパーとなる見込みだ。サイドには右にシャキリ、左にパラシオ、トップ下にはエルナネスが入った。リヴァプールへの移籍が噂されているコバチッチは外れている。1トップには昨季のセリエA得点王であるイカルディが入った。

もちろん陣容は最終形態ではないが、同紙の予想では来季のイレブンはこうなる模様だ。守備陣の修正を希望していたマンチーニにとっては、納得できる陣容ではないだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ