ネイマールのコパが終了……。4試合の出場停止処分に

乱闘騒ぎの代償高くつく

乱闘騒ぎの代償高くつく

試合終了後の乱闘騒ぎに、会場は騒然となった。photo/Getty Images

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は19日、ブラジルのネイマールに対し4試合の出場停止処分を下したことを発表した。今回の処分で、事実上彼のコパ・アメリカは終わってしまった。

17日のコロンビア戦で、試合終了後にコロンビアDFアルメロに対しボールを蹴りつけ、乱闘騒ぎを起こしたネイマール。その後ネイマールを突き飛ばしたコロンビアFWカルロス・バッカとともにレッドカードを提示され、退場となっていた。

ネイマールには4試合の出場停止処分のほか、罰金1万ドル(約122万円)が科され、一方のバッカには2試合の出場停止と、罰金5000ドル(約61万円)が科される。なお、ブラジル代表は、この処分について異議申し立てを行うことができる。

バッカについてはコロンビアが準決勝まで勝ち進んだ場合、大会中に復帰することができる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ