セットプレイから先制! シルバ弾でスペイン代表が辛勝

後半はGKが活躍

後半はGKが活躍

唯一の得点を決めたシルバ photo/Getty Images

スペイン代表は14日、EURO2016予選グループC第6節が行われ、敵地ボリソフ・アレナでベラルーシと対戦した。

グループCの順位が、スロバキアに次いで2位のスペイン。昨年11月に行わた同カードではレアル・マドリーに所属するイスコらのゴールで3-0で勝利している。そのため、アウェイでも勝ち点3を積み重ねたいところ。

試合の主導権を握ったのはスペイン。連携したパスワークでボールを動かし、ベラルーシゴールに迫る。8分、MFセスク・ファブレガスからディフェンスラインの裏へラストパス。抜け出したFWアルバロ・モラタがシュートを狙うも、ゴール左へ抜けていった。ユヴェントスで活躍するFWが序盤から惜しいシュートを放ち、ゴールの予感が漂う。

さらに11分、MFダヴィッド・シルバからサイドチェンジのボールを受けたFWペドロ・ロドリゲスが切り返してシュートを放つ。これはGKアンドレイ・ゴルブノフが正面でキャッチ。その後もスペインはボールを保持する時間が長いものの、強固にブロックをつくって守るベラルーシ守備を崩しきるに至らない。

スペイン代表は両サイドバックが高い位置をとり、相手のディフェンスラインの裏を狙う。ロングボールをDFフアンフランへ送るも、このボールはベラルーシDFに阻まれる。31分、MFサンティアゴ・カソルラからボールを受けたジョルディ・アルバがダイレクトでシュートを放つも、枠を捉えきれない。サイドから攻撃の糸口を探すが、なかなか決定的なチャンスを生み出せず。

ようやく先制点が生まれたのは、前半終了間際だった。スペインはFWモラタが倒されて左サイドの位置でフリーキックのチャンスを獲得。キッカーのセスク・ファブレガスがクロスを送ると、これを受けたMFダヴィッド・シルバが、ワントラップからボレーシュートを叩き込んだ。

ベラルーシは1本もシュートを打てず防戦一方の戦い。対するスペインは12本のシュートを放ち、セットプレイから先制点を奪った。主導権を握り続けたスペインが1点をリードし、1-0で前半を終了した。

前半見せ場がなかったベラルーシが反撃を見せる。49分、アレクサンドル・フレブのスルーパスに抜け出したセルゲイ・コルニレンコがシュートを放つ。これは、GKカシージャスがブロック。続く50分、スペインのゴール前での混戦からMFマクシム・ボロジコがシュートを放ち、ネットを揺らすもオフサイドの判定。ベラルーシが決定的なチャンスを作り出した。

決定機を生み出せないスペインは65分、ペドロ・ロドリゲスに代えてビトロを投入。さらに75分、セスク・ファブレガスに代えてイスコをピッチに送り出す。イスコがドリブル突破からチャンスを創出しようとするも、シュートまで持ち込むことができない。

83分、ビトロとの連携からダヴィッド・シルバがシュートを放つも、ベラルーシGKアンドレイ・ゴルブノフが弾きだす。その後も、ボールを保持するスペインはベラルーシゴールに迫るも、ゴールを割ることができない。

後半ベラルーシの猛反撃を受けたが、1点差を守りきったスペインが勝利した。後半はなかなかチャンスを生み出せなかったものの、スペインはアウェイでの勝ち点3を持ち帰る。

[スコア]
ベラルーシ 0-1 スペイン

[得点者]
スペイン:ダヴィッド・シルバ(45分)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ