去就についての明言を避けたシュバインシュタイガー 「夏は始まったばかり」

マンUからの関心も

マンUからの関心も

ユーロ予選に臨むシュヴァインシュタイガー。photo/Getty Images

バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(30)は、自身の今後についてまだ何も決めていないようだ。

バイエルンとの契約が残り1年となった同MFは、未だにクラブとの契約延長に返事をしていないため、去就が不透明となっている。マンチェスター・ユナイテッドからの関心が噂されるシュバインシュタイガーは10日、独『ARD』に対して「去就についてはルンメニゲCEOと夏に話すことで合意している」と話し、何も決まっていないと語る。

2002年にトップチームデビューを飾って以来13年間バイエルンでプレイしてきたシュバインシュタイガーは、チームの中盤から攻守に貢献するキープレイヤーの一人。多くのタイトルをバイエルンで獲得してきた同MFが、新天地を求めてこの夏にミュンヘンを離れるというシナリオは実現するのだろうか。

「まだ夏は始まったばかり」

ドイツ代表キャプテンはそう話して去就に関する話をシャットアウトした。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ