日本代表監督候補にもなった元鹿島のオリヴェイラ氏、パルメイラスを解任される

成績不振が原因

成績不振が原因

解任が発表されたオズワルド・オリヴェイラ監督。photo/Getty Images

ブラジルのパルメイラスは9日、オズワルド・オリヴェイラ(64)監督の解任を発表した。クラブの公式サイトが伝えている。

パブロ・ノブレ会長によると「サッカーにおいて監督の交代は避けるべきでポジティブなものではない。しかし、結果がともなわなかったため、私たちは監督を解任するのが最良の判断だと結論づけた」とコメント。

今年5月に行われたサンパウロ州選手権の決勝ではPK戦の末、サントスに敗れたものの、チームを準優勝に導く。しかし、ブラジル全国選手権では5試合を終え、20チーム中の15位と振るわなかった。後任の監督は未定となっている。

オズワルド・オリヴェイラ監督は日本代表監督候補にも挙がった人物で、2007年から2009年にかけて、J1の鹿島を3連覇に導いた。その後は、ブラジルのボタフォゴ、サントスの監督を経て、2014年12月パルメイラスの監督に就任した。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ