[移籍]ユヴェントスが独代表MFケディラ獲得を発表。ポグバ、ビダルの去就に影響か

攻守に大きく貢献する”汗かき屋”

攻守に大きく貢献する”汗かき屋”

ドイツ代表にも選ばれるケディラ photo/Getty Images

イタリア王者ユヴェントスは9日、レアル・マドリーからドイツ代表MFサミ・ケディラ(28)を獲得したことを発表した。契約は2019年6月30日までの4年間で、レアルとの契約が今月で切れるため、移籍金は発生しない。

ケディラは以前からレアルとの契約を延長しないことが報道されており、シャルケ、アーセナルといったクラブからの関心が噂されていた。先月末にはケディラの獲得にユヴェントスが成功したことがメディアから報道されており、ユヴェントス移籍が決定的と見られていた。

2010年W杯でセンセーショナルな活躍を見せたことにより、ドイツのシュツットガルトからレアルへステップアップを果たしたケディラ。当時チームを率いていたジョゼ・モウリーニョ監督のもと、同時加入のアンヘル・ディ・マリア、メスト・エジルらとともにレアルの中盤で活躍を見せていた。ここまで5年間で102試合に出場し、11/12シーズンにはリーグ優勝、13/14シーズンにはチャンピオンズリーグ優勝を経験している。

ユヴェントスには現在複数の中盤の選手に退団の噂が立っている。ポール・ポグバにはマンチェスター・シティ、バルセロナなどのクラブが関心を示しており、アルトゥーロ・ビダルにもアーセナルが獲得に乗り出すのではないかと報じられている。そのため、ケディラの獲得は上記CMFの退団を見越してのものであるとも考えられるが、夏に更なる市場での動きはあるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:イタリア

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ