読者が選ぶ!! チャンピオンズリーグ決勝で最も輝いたバルセロナの選手は……

読者採点はやや辛口?

読者採点はやや辛口?

ビッグイヤー(UCL優勝トロフィー)を掲げるルイス・スアレス。photo/Getty Images

6日に行われたチャンピオンズリーグ決勝は、バルセロナがユヴェントスと対戦し、3-1で勝利を収めた。その結果、バルセロナは2010/11シーズン以来5度目のチャンピオンズリーグ制覇を達成。リーガ・エスパニョーラ、スペイン国王杯に続き、クラブ史上2度目の3冠を獲得した。スペイン紙『スポルト』が試合後、選手の寸評を伝えている。

スペイン紙『スポルト』は先発出場したすべての選手に「8」以上の高得点をつけた。さらに読者の採点も公表している。読者の採点で最高評価を得たのは、68分に貴重な勝ち越しゴールを奪ったFWルイス・スアレス。平均「8.5」という採点がつき、チャンピオンズリーグ決勝で最も輝いた選手に選ばれた。

記者による採点で最高点の「10」を唯一得たのも、ルイス・スアレス。寸評では「疲れ知らないプレイヤー。ウルグアイ代表FWは何度もゴール前に迫り、幸運がこぼれてくる気配を感じさせた。貴重な勝ち越し点はこぼれ球を押し込む形。FWリオネル・メッシが放ったシュートを、ユヴェントスGKブッフォンが弾き出すのに失敗。高い身体能力を駆使してボールに追いつき値千金のゴールを挙げた」と評価した。

記者の採点で「9」がついたのはGKテア・シュテーゲン、DFマスチェラーノ、MFブスケッツ、ラキティッチ、イニエスタ、FWメッシ、ネイマールの7人。また、読者の採点で平均「8.0」がついたのは、点数が高い順にメッシ、ラキティッチ、イニエスタ、ネイマール、ピケの5人だった。

スペイン国王杯の採点では先発出場した選手すべてに最高点の「10」がつき、読者投票ではリオネル・メッシが平均「9.7」という採点がついたが、3冠目を達成したUCL決勝はやや辛口の採点となった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ